あなたのムダ毛処理方法は危険がいっぱい!

間違ったムダ毛処理について

ホーム > 脱毛の基礎知識 > あなたのムダ毛処理方法は危険がいっぱい!

あなたのムダ毛処理方法は危険がいっぱい!


剃っても剃っても毛が生える・・・もうウンザリ!!と思って脱毛に興味を持った人も多いのではないでしょうか?

面倒なだけならまだしも、実はムダ毛処理には危険も潜んでいるんです!

肌や毛穴にダメージを与える可能性のあるムダ毛処理方法

①毛抜き

無理やり毛根をひっぱる行為は、毛根部に少なからずダメージを与えます。

たまに毛を抜いた毛穴から出血することもありますよね。毛穴から引っ張り出す行為はそれだけ負荷がかかっているのです。

傷口から雑菌が入りこみ皮膚の炎症を起こしたり、鳥肌のようにブツブツと目立つ毛穴もできやすくなります。(とくにワキ)

②カミソリ

毛と一緒に皮膚表面を削っている状態なので、肌の潤いも失われ乾燥肌に。

肌が傷つくと毛穴がふさがってしまうので埋もれ毛や黒ずみのもとにもなる場合があります。

また、切れ味が悪くなった古いカミソリでムダ毛処理をすると、肌にダメージを与えるだけでなく、毛穴から雑菌が入り込むこともあります。

③脱毛クリーム

クリームの中に含まれるアルカリ成分により毛を溶かしていくという方法です。

毛を溶かすほどの強い成分が配合されているので、肌に大きな負担がかかってしまいます。

とくに肌が荒れやすい敏感肌の人は、肌への密着度が高い除毛クリームは使わない方が良いです。

④ワックス

ムダ毛部分にねっとりとした液体を塗り、その上からシートを貼り、しばらく時間を置いた後に一気にシートを剥がす除毛法です。

毛穴だけでなく皮膚にもダメージを与えるので、肌が弱い人や皮膚が薄い人には向いてません。

他にも自己処理方法はいろいろありますが、これらの処理方法にムダ毛を薄くする効果はありません。

あくまで一時だけの除毛!

面倒な自己処理がなくなることはありません。

肌トラブルを起こす危険性があるムダ毛処理を一生続けるなんて危険すぎると思いませんか?

間違った自己処理の期間が長ければ長いほど、肌へのダメージはどんどん蓄積され、お肌に与える負担が大きくなります。

管理人の悲惨なムダ毛処理時代

私は、母親側の家系が毛深くて、中学生くらいからずっと毛の悩みを抱えていました。

当時、ムダ毛の処理方法について、全く知識も無かった私は、「T字カミソリ」や「毛抜き」を使って自己処理していました。

出かける前日は、少しでもツルスベ肌に見せたくて、毛穴の黒いポツポツが目立たないように、お風呂で一生懸命ムダ毛処理を頑張り、ワキについては、毛抜きで1本1本長い時間をかけて抜いていました。

いまでは本当に後悔しています・・・。

なぜなら、時間も手間もかかる面倒な作業を何年も続けて、わざわざ肌を痛めつけていたのですから。。

ワキの毛穴は毛抜きのせいでブツブツと目立っていき、デリケートゾーンは、T字カミソリで剃っていたせいでVライン、Iラインの毛が生える範囲が拡大!

とくにIラインは太もも側に4センチくらい毛が広がってしまいました。。

そして、25歳の時に脱毛サロンを友人に勧められ、ようやく「腕・脚・ワキ」の脱毛をしましたが、それでもワキのブツブツは、いまだに目立っています。。

どうして毛が濃くなったり、生える範囲が広がるの?

女性はとくに、VラインやIラインなどのデリケートゾーンの「子宮」付近の毛については、濃く広がっていく傾向があります。

これはなぜかというと、自己処理をすればするほどに肌へ刺激が加わり、「守らねば!」という女性の本能が働き、毛がどんどん濃くなるんだそうです。

そして、強くたくましくなった毛は仲間を増やすかのように、どんどんと範囲が広がっていくんだそうです!

また、周辺皮膚が色素沈着することも。。

こんな大変ショッキングな事態が、私のデリケートゾーンにも起こっていたわけなんです(・ω・ノ)ノ!

「最近なんだか毛の量が増えてきたかも」

「そういえば毛がだんだん濃くなってきている」

「太もも側にもアンダーヘアが広がってる!?」

こういうことを感じてきたら、それは、実は気のせいではありません。

いまやっているムダ毛処理の方法をすぐに見直しましょう!

危険な自己処理を辞めるには脱毛するほかない

たとえば、、3日に1回、15分かけて除毛していたら、1年間で30時間。

それを10年続けたら300時間、30年で900時間...一体何時間になるんでしょう?

そして、そのためのカミソリや脱毛クリームにいくら費やすんでしょう。。

ムダ毛処理をする時間と手間、道具の総費用を考えたら、全身脱毛って決して高くないなと私は思いました。

脱毛サロンに数回通えば、今後はムダ毛処理する手間から開放され、ツルツルなお肌で過ごせるんです。

間違った自己処理で肌を傷つけることもなくなるし、ホント、もっと早くに全身脱毛しておけばよかったと思います。

ただ、若い頃に「T字カミソリ」と「毛抜き」を使ってたことだけが悔やまれます。

戻れるなら、あの頃に戻って、全身脱毛したい...。

でも、それは叶わない願いなので、、もし娘ができたら絶対に注意してあげようと思います。

>>脱毛って何歳から出来るの?


関連記事

  1. 怠るとヤバイ!脱毛効果を高める「保湿」の重要性

    「脱毛中は必ず保湿を心掛けてください!」これは脱毛サロンやクリニックで絶対に言わ...

  2. 脱毛しながらプルプル美肌♡光脱毛の美容効果を徹底解説!

    脱毛するとお肌も一緒にキレイになるってよく聞くけど、それは一体どうして??エステの光脱毛と美肌効果の関係性をご紹介しています。

  3. 脱毛効果に超重要な毛周期や脱毛の仕組み

    脱毛エステで毛が薄くなる仕組みって?なんで定期的に脱毛しないといけないの?そんな...

  4. 脱毛前必見!VIO自己処理のやり方とオススメの電気シェーバー

    意外と難しく不安だらけ!VIO(アンダーヘア)脱毛前の自己処理の仕方や、おすすめの電気シェーバーをご紹介。

  5. 脱毛って何歳から出来るの?

    脱毛って何歳からできるの?小さい頃から脱毛して大丈夫?毛深さで悩む娘さんを持つお母さんへ向けた内容です。

  6. あなたのムダ毛処理方法は危険がいっぱい!

    毛の自己処理は危険がいっぱい潜んでる!?間違った自己処理の方法、それによる肌への負担について。

  7. 脱毛できない人&脱毛中の注意点(日焼け、生理、妊娠...

    脱毛時のトラブルを招かないために!脱毛NGなケースや脱毛後の注意点など、、実際のサロン資料を元に解説中。

  8. 脱毛を始める時期はいつ頃がベスト?

    脱毛を始めるのに適した季節、それはズバリ、、、 秋から冬にかけて!です。 秋から...

  9. 脱毛はジェル有り・無しで効果が違う!?どっちがオススメ?

    脱毛時に塗る冷却ジェルは有り?無し?どちらも試した管理人がそれぞれのメリット・デメリットや効果の違いについて解説中。

  10. 脱毛の無料カウンセリングって何するの?準備や持ち物まとめ

    脱毛サロンの無料カウンセリングってどんなことするの?実際の内容や流れ、所要時間、持ち物、勧誘について。予習したい人必見です!