脱毛前必見!VIO自己処理のやり方とオススメ電気シェーバー2選

【失敗なし】vioの自己処理方法

ホーム > 脱毛の基礎知識 > 脱毛前必見!VIO自己処理のやり方とオススメ電気シェーバー2選

脱毛前必見!VIO自己処理のやり方とオススメ電気シェーバー2選


自己処理する上で一番の難関箇所といえば、VIOラインのデリケートゾーン!

VIO自己処理フェリエ

腕や足ならともかく、VIOの自己処理の仕方がよく分からない(>0<)...なんて人は意外と多いはず。

ここでは、VIO脱毛前の自己処理の効率的な方法と、オススメのデリケートゾーン電気シェーバーを紹介しています。

とくに、VIOが剛毛!安全な自己処理の方法が知りたい!方はぜひ参考にしてみてください。

VIO脱毛前の自己処理、いつまでにどの程度?

まず、VIO脱毛前の自宅でのシェービングは、脱毛サロン・クリニック共通で、施術の前日までに済ませておくよう言われます。

自己処理を一切していないと、施術時間を削られたり、最悪、施術を断られるケースもあるので、自己処理は忘れずに行いましょう!

とはいえ、剛毛なアンダーヘアは剃っても剃ってもなかなかキレイになりません...毛のジョリジョリ感が増すばかり。

でもサロンやクリニックでは、毛足が1㎜もなければ照射できるので、そこまで深剃りにこだわらなくて大丈夫です。

Vラインは全剃りする?しない?

全剃りする・しないは、個々で求めるニーズによって決まってきます。

VIO自己処理

具体的には、、

毛量が多い剛毛タイプの人で、ハイジニーナ希望

施術のたびに全剃りする。

毛量が多い剛毛タイプの人で、Vの範囲を小さく毛量を減らしたい

→最初の5~8回程度は全剃りし照射。その後Vの形を残して照射していく(※医療脱毛の場合、全剃りは3回程度がオススメ)

普通~薄毛タイプの人&諸事情で全剃りしたくない人

→Vを残したい形にそって(気持ち小さめに)シェービングする。

同じ箇所を何度も照射をすることで、徐々に毛が減り、チリチリ・ゴワつきも気にならなくなります。

よって、剛毛さんほど「全剃り」して施術に挑むのが正解。

※毛量・毛質には個人差があるので、判断に迷ったらスタッフさんに相談して決めてくださいね^^

Vラインの理想の形はコレ!

Vラインの形に迷ったら、万人受けする「自然な小さめの逆三角」か「ナチュラルなU型」がオススメです。

これについては、どの脱毛サロンで聞いても同じ答えでした!

Vラインのサンプル

(画像はキレイモさんよりお借りしたVラインのサンプルです。)

ハイジニーナ(パイパン)も最近人気のようですが、年を重ねた時に絶対に後悔しない!ならアリかと思います(^_^;)

IラインOラインは全部無くても問題ナシ

また、IOラインの毛をどうするかですが、こちらも複数の脱毛サロンに確認したらIOラインの毛は無くす人が多いとのこと。

たしかにVラインがツルツルなのは若干恥ずかしい気もしますが、IOラインは見た目の問題というより、生理時の蒸れや臭いの原因になるので無くす方向で良いかと思います。

もしも、VIO脱毛する上で不安なことやわからないことがあれば、事前にスタッフさんと相談しながら進めると安心かと思います。

安全に効率よく!管理人も愛用の電気シェーバー♥

自己処理といえばカミソリですが、刃がむき出しになっているのでキレイには剃れますが、深剃り気味になって肌を傷つけるリスクが高まります。

もしもカミソリ負けして赤みやヒリつきが出たら、そこを避けて照射しなければなりませんから、敏感なデリケートゾーンこそ肌負担が少ない電気シェーバーが最適なんです!

ということで、管理人もヘビロテ中!VIO処理にもってこいの電気シェーバー2つを紹介します^^

【1】フェイスシェーバー フェリエ(ES-WF40-W)

VIO自己処理フェリエ

とくにIOラインの自己処理には、小さいヘッドで小回りがきくフェイス用シェーバーと相性ばっちりです^^

【2】フィリップス ボディーグルーマー(BG1022/16)

VIO自己処理フィリップス

そこまで剛毛じゃなければフェリエで十分ですが、より太くて剛毛な毛に対してはフィリップスの電気シェーバーが最適です!

フェリエよりフィリップスの方がパワーがあるので、早く剃れて仕上がりもそこそこキレイです。が、フィリップスはT字型なので、目で確認しづらいIOラインが若干やりづらいのが難点。。

よって、Vラインはフィリップス、IOラインは小回りのきくフェリエを使い分けすると効率的です。

VIO脱毛前の自己処理がうまくいく3つの心得

  • 安全な電気シェーバーを使う!
  • まとめて剃ろうと思わない!
  • まずは外側から剃って徐々に真ん中へ

VIOの毛は根も深く剛毛なため、同じ方向に剃っても反応する毛としない毛があり非常に厄介です。

まずは外側の毛から剃っていき、徐々に真ん中へ向かって剃っていくのがポイント。

毛流れに剃って1本ずつ剃るくらいの気持ちでやると意外と上手くいきますよ^^

アンダーヘア自己処理前の準備

自己処理する前に用意するものとしては、

  • 電気シェーバー
  • ハサミ
  • 鏡(姿見のような立てかけるタイプが理想)
  • 大きめのビニール袋かバスタオル(毛が床に落ちるため)

シェービングするベストな時間&注意点

入浴後毛が柔らかくなったタイミングで行うのがベストです。

もしくは蒸しタオルをつくって数分当ててから行うのもいいですね(蒸しタオルの作り方

ほんとはお風呂場でチャチャッと終わらせたいところですが、水場は雑菌が繁殖しやすく、衛生的にあまり良くないそうです。

また、手もキレイに洗っておきましょう!スマホを触った手は雑菌がいっぱい。そのままシェービングに入るのも危険です。

VIOをキレイに自己処理する方法と手順

手順をざっくり説明するとこんな感じです↓

  • シェーバーや鏡など必要なものを準備。
  • 毛をハサミで3~5mm程度にカットする。
  • 電気シェーバーで剃る。
  • ゆるめの乳液やクリームで保湿する。

vioを全部処理する場合、毛がバラバラと落ちるので、大きめのゴミ袋やバスタオルなどを敷いてから始めましょう。

鏡はのちほど使うので、vioの毛が確認しやすい位置に置いておきます。

まずは、ハサミで3~5mmくらいに毛をカットしましょう!このときに肌を傷つけないように細心の注意を払いながらハサミでチョキチョキしてください。

ある程度短くなったら、電気シェーバーでの除毛スタート!

Vラインの自己処理方法

最初はVライン。基本、上から下に向かって毛流れに合わせて剃っていきます。

アンダーヘアは他の部位より剛毛なため、毛流れと逆に剃ろうとしても、うまく剃れません!また、肌を傷める危険があるので基本上かから下です。

私の場合は剛毛すぎるのか、最初のうちは作業がまったく進みませんでした(汗

時折、ジョリジョリッとシェーバーに毛が引っかかり、イラッ!とはなりますが、

でも大丈夫!時には小刻みに動かしたり、少しシェーバーの向きを変えたりして、焦らず根気よく進めましょう。

Iラインの自己処理方法

ある程度剃れたら、次はIラインに突入。前に置いた鏡に向かい、できるだけ開脚して太ももの付け根も見える状態にしましょう。

Iラインは鏡を見ながらでもいいですし、上から覗き込みながらでもいいです。とにかく肌を傷つけないように慎重に。

シェーバーを持っている手とは反対の手でIライン中心部をガードしながら、Vライン同様にシェーバーを小刻みに動かしながら少しずつ剃ります。

Oラインの自己処理方法

そして最後に未知の世界Oライン!この時は鏡を床に寝かせて天井に向けて置きます。

ちょうど鏡ををまたがる状態で上に立ち、その状態で下にある鏡を覗くと見えやすくなります。

もうここまでくればvioに対するシェーバーの扱いも手慣れているはずです。

Oライン中心部の粘膜を傷つけないように、鏡でよーく確認しながら、慎重に進めます。

シェービングが終わったら、お肌のケアも忘れずに

自己処理後はお肌が乾燥しているので、とくにVラインはミルクローションなど、ゆるいテクスチャーのもので保湿しておくと良いです。

また、人によっては赤みや痒みが出る場合がありますが、一旦落ち着くまで何もせず待ちましょう。

耐えられない時は、デリケートゾーン専用の軟膏を塗ると、結構早くおさまります。

小林製薬の「フェミニーナ軟膏S」あたりが、人気も高く安心して使えるようですね。

自己処理に不安なら...サロンやクリニックのシェービングサービスも活用

デリケートな部分の自己処理ですから「自信ない!ムリ!」という人も多いでしょう。

そんな人は無料でシェービングサービスが受けられる脱毛サロンや医療クリニックを選ぶというのもアリですね!

無料といえど、手の届く範囲の自己処理は必須ですが、精神的にだいぶラクになります。

ちなみに、VIOのシェービングが完全無料の脱毛サロンは、キレイモ(パックプランのみ)リンリンシースリーストラッシュ...

医療脱毛クリニックはレジーナクリニックアリシアクリニックリゼクリニックあたりが剃り残しに関しては無料で対応してくれます。

こういった心強いシェービングサービスも活用しながら、お肌に負担をかけずに安全に自己処理しましょう!

まとめ

初めてVIOの自己処理に挑戦する場合、思いのほか時間がかかってウンザリしちゃうもんなんです!私なんて最初は1時間近くかかりましたから^^;

でも、てこずるのは最初だけ。脱毛を繰り返すことで徐々に毛量も減り、自己処理自体だんだんラクになっていきます♪

最初だけ時間がかかりますが、あとあと絶対ラクになる!ということを念頭にがんばって自己処理していきましょう^^



タグ :

関連記事

  1. 怠るとヤバイ!脱毛効果を高める「保湿」の重要性

    脱毛効果を最大限に高める「保湿ケアの重要性」についてまとめました。どうして保湿しなきゃいけないの?脱毛中に保湿を怠ることで起きる最悪なデメリットとは!?

  2. 脱毛しながらプルプル美肌♡光脱毛の美容効果を徹底解説!

    脱毛するとお肌も一緒にキレイになるってよく聞くけど、それは一体どうして??エステの光脱毛と美肌効果の関係性をご紹介しています。

  3. 脱毛効果に超重要な【毛周期】や脱毛の仕組みをカンタン解説♪

    脱毛エステで毛が薄くなる仕組みって?なんで定期的に脱毛しないといけないの?そんな...

  4. 脱毛前必見!VIO自己処理のやり方とオススメ電気シェーバー2選

    意外と難しく不安だらけ!VIO(アンダーヘア)脱毛前の自己処理の仕方や、おすすめの電気シェーバーをご紹介。

  5. 脱毛って何歳から出来るの?

    脱毛って何歳からできるの?小さい頃から脱毛して大丈夫?毛深さで悩む娘さんを持つお母さんへ向けた内容です。

  6. あなたのムダ毛処理方法は危険がいっぱい!

    毛の自己処理は危険がいっぱい潜んでる!?間違った自己処理の方法、それによる肌への負担について。

  7. 脱毛できない人&脱毛中の注意点(日焼け、生理、妊娠...

    脱毛時のトラブルを招かないために!脱毛NGなケースや脱毛後の注意点など、、実際のサロン資料を元に解説中。

  8. 脱毛を始める時期はいつ頃がベスト?

    脱毛を始めるのに適した季節、それはズバリ、、、 秋から冬にかけて!です。 秋から...

  9. 脱毛はジェル有り・無しで効果が違う!?どっちがオススメ?

    脱毛時に塗る冷却ジェルは有り?無し?どちらも試した管理人がそれぞれのメリット・デメリットや効果の違いについて解説中。

  10. 脱毛の無料カウンセリングって何するの?準備や持ち物まとめ

    脱毛サロンの無料カウンセリングってどんなことするの?実際の内容や流れ、所要時間、持ち物、勧誘について。予習したい人必見です!